2015年04月14日

こごみの胡麻和えを作ってみた

◎コゴミ:5月上旬から6月中旬に渦巻状に丸まった幼葉を採取し、おひたし、サラダ、ゴマ和えなどの和え物、天ぷらなどにして食べる。ワラビほど強くない独特の「ぬめり」があり、ゼンマイなどと違ってアクがないため調理が容易である。少量であれば生でも食せるが、大量に食べるとお腹が緩くなるので注意。(Wikipediaより)



広島ブログ

近所にある島根県柿木村のアンテナショップ

新鮮な有機野菜が毎日届く。旬の食材を求める

にはとっても魅力あるスポットです。

11130140_734140236707622_1875315335741523708_n.jpg

昨日ふらりと寄ったらありました

山菜のこごみ 目

10945567_734140266707619_4534779906339401581_n.jpg

どうやって食べたらいいのか店の人に尋ねると

「山菜はやっぱり天ぷらですね。」と言いながら

1枚のレシピを頂く。こごみの胡麻和え

11118824_734275173360795_5734926867730848234_n.jpg

作ってみました。白ゴマをフライパンで炒って

ゴマすりして出汁やら砂糖やら混ぜてその中に

ちょっと塩茹でしたこごみを投入してマゼマゼ

胡麻和えってこんな感じかな〜? もっと

しっとり系ではなかったか?!と思いつつ

旬な食材を食すのは幸せなことですね。わーい(嬉しい顔)

11146253_734275223360790_6686361648326679717_n.jpg



posted by korikori at 12:00| Comment(0) | TrackBack(0) | my cooking | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。