2015年10月13日

三國酒店


広島ブログ


先日の明石寄り道漂流で向かった先がここ

三國酒店。店内に入るとおばあちゃんがお一人で

座っておられました。『ここで飲ませて頂けますか?』

と尋ねると「どうぞどうぞ、奥に行って下さい。」と。

店内の奥に仕切られた角打ち部屋がありました。

FullSizeRender-1.jpg

角打ち部屋ではさっきのおばあちゃんの娘さんが

酒やアテを出してくれます。カウンターの端っこ

でまずは生ビールとジャコを選びます。

FullSizeRender-2.jpg

次は明石の地酒に冷奴を頼み、奴に先ほどの

ジャコの余をかけていただきます。

FullSizeRender-3.jpg

明石では広島と同様、角打ちという言葉は

使わないそうで"立ち呑み”と言うらしい。

三國酒店は飲食業の免許も取ってあるのか

この角打ち部屋では調理もされてます。

FullSizeRender.jpg

いいですね〜、ビール箱テーブル(^^)/

FullSizeRender-6.jpg

居合わせたご常連のお二人と打ち解けて親しくなり

愉しいひと時を過ごしました。そのご常連さんから

一杯ご馳走になるという栄誉にも恵まれた。

FullSizeRender-7.jpg


posted by korikori at 12:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 角打ち | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。